HOME  >  西村ちなみメールマガジン  

西村ちなみメールマガジン

  
 投稿日時: 2015-07-16 18:54:52 (396 ヒット)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
西村ちなみメールマガジン
第240号(2015年7月16日発行)
「安保法案の強行採決、法治国家はどこへ」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 みなさんこんにちは。衆議院議員の西村ちなみです。メールマガジンの発行がずいぶん滞ってしまいました。昨年末の総選挙後、本当に慌ただしく息つく間もないなか走り続け、衆議院厚生労働委員会の筆頭理事、拉致問題対策特別委員会委員として、また党国会対策副委員長、副幹事長、NPO局長として、日本と新潟の未来のために、毎日元気に仕事をさせていただいています。ありがとうございます。

 7月15日、特別委員会で安保法案が強行採決され、16日の本会議でも与党単独で可決、衆議院を通過しました。平和国家として歩いてきた70年の積み重ねをひっくり返し、自衛隊と国民のリスクを高めることは、女性の一人としても認められません。憲法違反の恐れ極めて大の法案を強行採決するのは、立憲主義を踏みにじる行為であり、政府と与党議員に激しい憤りを覚えます。立法府の一員として情けない限りです。

 計約10年国会に在籍させていただきましたが、採決直前に総理が「国民の理解はすすんでいない」と承知したうえで強行採決するのは初めてでしたし、委員長が「10本の法律を1本に束ねたのはいかがなものか」と採決後に疑義を表したのも初めてでした。いったい私たちは何をベースに議論させられてきたのでしょうか。

 集団的自衛権は、日本が現行憲法のもとで行使できる個別的自衛権とは決定的に異なり、今回の委員会質疑の中でも「日本に対する攻撃の意思がなくても行使できる」と答弁されています。自衛隊は専守防衛の原則のもと厳しい訓練を続けていますが、それは日本国と日本国民を守るためであって、他国の戦争に加担するためではありません。「国際平和のため」と大義名分が語られるときほど眉唾ものだということは、歴史が残した教訓です。

 国会周辺では、炎天下、そして台風が接近する雨天でも、学生や「ママの会」の皆さんなどが抗議の声を上げてくださっています。日本が戦争する国になるのには黙っていられない、子どもたちの未来のために行動を起こさなければ、とお考えの皆さんと、これからも一緒に声を上げながら廃案をめざします。

 皆様の多数のご参加をお待ちしております。
 ↓
☆ご案内☆
①アベ政治を許さない~全国一斉ポスター行動in新潟 7月18日(土)午後1時 古町十字路
安保法制反対の抗議行動が、澤地久枝さんらの呼びかけにより行われるウィメンズアクションネットワークの全国行動の一環として新潟でも行われます。賛同される方はカレンダーのウラなどに大きく分かりやすくアピール文言を書いた紙をお持ちになって、12:45に古町十字路にご集合ください。
②安保法制って何?ミーティング 7月18日(土)午前11時 於:新潟国際情報大学中央キャンパス「コワーキングこくじょう」ミーティングルーム 参加費500円
安保法制について西村ちなみが語るミーティングを開催します。お申込みは西村ちなみ事務所025-244-1173またはniigata@chinami.netまで。
②西村ちなみ後援会「智水会」総会 7月26日(日)午後3時総会、午後3時半~西村ちなみの国政報告と新潟県弁護士会憲法改正問題特別委員会委員長水内基成弁護士による安保法制に関するミニ講演、午後4時半交流懇親会(会費5000円)於:新潟グランドホテル。お問い合わせ・お申込みは西村ちなみ事務所025-244-1173またはniigata@chinami.netまで。
③「智水会つうしん」2015年初夏号、できあがりました。すでにお送りしている方々もいらっしゃいますが、郵送をご希望される方は西村ちなみ事務所025-244-2273またはniigata@chinami.netまで。


 投稿日時: 2014-12-12 21:58:43 (747 ヒット)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
原点にかえり再びチャレンジ!
西村ちなみメールマガジン
第239号(2014年12月12日発行)
「総選挙、最後のお願い」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 このメールマガジンのタイトルを「原点にかえる」としたのは、2012年総選挙で落選した後です。応援してくださる新潟の皆様の思いを実現するために私は政治活動を続けてきたのだから、辛い気持ちを抱えながらではあるけれども、もういちどがんばろうと決意したからでした。
 いま、この国では「強いものをより強く」という方向で政治が行われています。霞ヶ関で決まったものを上から下へと押し付けられるという、以前と全く同じ形です。このままこの道を突っ走って行ったら、20年先、30年先の日本はいったいどうなってしまうのか。新潟はそのときどういう街になっているのか。そのことを考えると背筋が寒くなる思いがします。
 今、必要なのは、新しい風を感じながら、生活に寄り添った政治をすることです。私は3期9年間の議員活動の中で、常に新潟の皆さんのお顔を思い浮かべながら、若者の雇用の問題、年金制度の立て直し、子育て支援、税制改革など、地味だけれども地域での暮らしやいのちを守るために必要な政策実現に取り組んできました。そして確実に成果を残してきました。ここには書ききれませんが、私は自分がやってきた仕事に誇りをもっています。西村ちなみを国会に戻してほしいと、民主党枝野幹事長が3回、海江田代表、野田前総理、岡田代表代行、蓮舫参議院議員が続々と応援に来てくれました。
 どうかまた国会で仕事をさせてください。皆様の思いと声、そして新潟の新しい風をしっかりと受け取り、ひとつひとつを実現するために、私は全力で働きます。
 何とぞよろしくお願いいたします!

西村ちなみ

※このメールは法律により転送することができません。フェイスブックやLINEのメッセージ機能をとおしてご支援の輪を拡げてくださるようお願いいたします。

***********************
発行
西村ちなみ事務所
950-0902新潟市中央区南万代町12-5黒井ビル1F
電話025-244-1173
http://www.chinami.net
niigata@chinami.net
***********************


 投稿日時: 2014-12-10 21:57:51 (684 ヒット)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
原点にかえり再びチャレンジ!
西村ちなみメールマガジン
第238号(2014年12月10日発行)
「総選挙、終盤でのお願い」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 今回の総選挙は、日本と新潟の未来がかかった、重要な選挙です。数の力で何でも押し通してきた安倍政権が、また巨大な数をもってしまったら、地方経済や生活者にも厳しい経済政策が続きます。いくら上から大量に水(金)をばらまいても、下に水が染みわたるトリクルダウンはおきません。また皆さんの年金積立金が株価を上げるため(イコール)政権延命のため63兆円も使われてしまいます。このほかにも暴挙の数々、枚挙にいとまがありません。
 国民の多くの皆さんが与野党伯仲の国会を望んでおられます。いま、見渡せば、野党として皆様の声をお受けし、発信できるのは、民主党しかありません。「個の力は、組織を超える」と私は信じます。
 どうか、日本のために、日本がおかしな方向へと向かわないために、本当に新潟が魅力あるまちとして輝けるために、新潟での一議席を私、西村ちなみに与えて下さい。私は全力で働きます。
 今週末が投開票日となりました。今日も期日前投票ができます。日本と新潟の未来のために、限りなく大きな力をもっている皆様の一票を、どうか私に託して下さい。切にお願い申し上げます。

西村ちなみ


※このメールは法律により転送することが禁止されています。
FacebookやLINEのメッセージ機能を通してご支援の意を表して下さるよう、お願い申し上げます。

***********************
発行
西村ちなみ事務所
950-0902新潟市中央区南万代町12-5黒井ビル1F
電話025-244-1173
http://www.chinami.net
niigata@chinami.net
***********************


 投稿日時: 2014-11-21 23:59:01 (315 ヒット)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
原点にかえり再びチャレンジ!
西村ちなみメールマガジン
第237号(2014年11月21日発行)
「いよいよ総選挙へ」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

□■□
このメールマガジンは、配信申込みされた方々、西村ちなみが名刺交換などさせていただいた方々を中心にお送りしています。今後、送信不要の方は、お手数ですがその旨をこのアドレスまでご返信くださるようお願いいたします。
□■□

◯衆議院解散、いよいよ総選挙へ
 前回総選挙で落選してから2年、私は地道に地域を歩かせていただきました。私にとって辛い時期ではありましたが、それ以上に、地域の皆様の生の声をきかせていただき、このままではいけないと背筋の寒くなる思いです。
 株価偏重のアベノミクスは国民生活を悪化させました。消費税増税は社会保障に使われることなく、議員定数の削減も棚上げになったまま迎えた解散。安倍総理の約束違反にほぞを噛む思いです。家計を直接あたため、成長産業を育成し、雇用の格差をなくすことこそ、真の経済対策に他なりません。集団的自衛権や特定秘密保護法なども大事な争点。しっかりと訴えていきたいと思います。
 新潟を、安心して暮らし続けたいまちにしたい。2年間で蓄えた力と熱意をもって、私は、安倍政権の暴走にストップをかけるためにたたかいます。皆様の引き続きのご指導を何とぞよろしくお願い申し上げます。

◯枝野幹事長来援、街頭演説および事務所開きを行います
 11月23日(日・祝)12:30から13:00まで 万代シティ旧陸運局前で街頭演説
           15:30から16:00まで 西村ちなみ後援会事務所開き
 西村ちなみを応援してくださる方ならどなたでもご参加いただけます。多くの皆様のご参集をお願い申し上げます!

◯事務所のご案内とボランティアのお願い
 950-0973新潟市中央区上近江2-19-6 電話025-282-3377
 三条小須戸線からオートバックスを紫鳥線方向へ、笹出線を越えて新幹線高架をくぐって左手、アクトさんの隣。
 短期決戦のため、やるべきことがたくさんあります。お手すきのときに1時間でも2時間でもボランティアにお越しいただければ幸いです。何とぞよろしくお願いいたします。

◯今後の日程については随時HPなどで公表していきます


 投稿日時: 2014-08-27 10:41:23 (583 ヒット)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
原点にかえり再びチャレンジ!
西村ちなみメールマガジン
第236号(2014年8月27日発行)
「政治改革はまだ道半ば」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 みなさんこんにちは。西村ちなみです。

◯故関山信之さんのご遺徳を偲んで
 私事ですが、私が政治の師と仰いできた新潟の関山信之元衆議院議員が先週逝去されました。自らが主導した政治改革の流れの中で民主党の礎を作り、近視眼的ではなく常に時代を先取りした言動をとってこられた方で、私が政治の世界に入ったのは16年前に女性の政治参画を進めようと考えた関山さんがいらしたからです。もう一度トレードマークの白髪をなびかせて国会を走り回っている姿を拝見したかったという思いはなくなりませんが、これからも関山さんの志を忘れず、努力していく所存です。

◯「集団的自衛権」に関する講演会のご案内
 去る7月1日、安倍内閣は憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を行いました。立憲主義の観点から、また安全保障の観点から、さまざまな問題があるなか国民不在で解釈が変更され、専守防衛の原則が大きくねじ曲げられたことはとても認められない暴挙です。民主党は、この閣議決定の撤回を引き続き求めていきます。
 今回、この運動の一環として新潟市で講演会を開催します。講師として、かつて自民党の勉強会で講師を努め、『「憲法」改正と改悪』『自民党憲法改正草案にダメ出し食らわす!(共著)』など多数のご著書をもち、今回は憲法学の立場から人一倍強い異論を唱える慶應義塾大学名誉教授の小林節(こばやしせつ)先生と、政府の言う「15の事例」などの欺瞞を解説し、民主党安全保障政策を分かりやすく説く民主党安全保障調査会幹事長代行・元防衛大臣政務官の広田一(ひろたはじめ)参議院議員をお招きします。皆様のご参加をお待ちしております。椅子準備のため参加予定の方はあらかじめメールでご連絡いただけますと助かります。

 と き 8月30日(土)午前10:30~11:45
 ところ 新潟ユニゾンプラザ 4F 大会議室

◯土砂災害とマスコミ
 広島市の土砂災害から1週間経ちましたが本当に大変な状況です。1日も早い不明者の救出と復旧を願っています。今回、発災後に安倍総理は官邸から私邸の別荘に戻ってしまいました。ここはフェアに言うことを心がけなければいけませんが、もしこれが民主党政権の総理であれば、マスコミはこぞって叩きまくったことでしょう。「流れ」とはこういうものかと恐ろしさを感じます。


発行
西村ちなみ事務所
950-0902新潟市中央区南万代町12-5黒井ビル1F
電話025-244-1173 FAX025-244-1183
http://www.chinami.net
niigata@chinami.net


« 1 (2) 3 4 5 ... 50 »