HOME  >  西村ちなみメールマガジン  >  メールマガジン  >  第243号「再登板2年目もがんばります」  

西村ちなみメールマガジン

メールマガジン : 第243号「再登板2年目もがんばります」
 投稿日時: 2015-12-10 12:32:02 (444 ヒット)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
西村ちなみメールマガジン
第243号(2015年12月9日発行)
「再登板2年目もがんばります」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 みなさんこんにちは。衆議院議員の西村ちなみです。

 早いもので昨年末の総選挙から一年となります。冬将軍が到来する中、吹雪に飛ばされまいと踏ん張って街頭演説をしていました。今年の通常国会では安保法制と労働法制改悪が強行採決されてしまいましたが、女性や子どもたちの視点で、地域の声と真実をもっと強く訴えながら政治を変えていくために、私がやらなければならないことはまだたくさんあるし、見失ってもいません。再登板2年目もがんばります。

 それにしても、このところニュースの見出しなどに踊る安倍政権の頓珍漢な暴走には、憤りを通り越して唖然としてしまいます。消費税10%で導入される軽減税率の代わりに総合合算方式の見送り(低所得層対策にはならず、逆に高所得層にメリットが大きく出ます)、年金受給者1250万人に3万円支給(露骨なバラマキ)、保育士不足解消のため無資格者への要件緩和、経済財政諮問会議の要求で高額療養費制度も見直し…これらは間違いなく選挙目当てでありつつも結果として格差を広げる愚策です。支持率は上がるでしょうが、最後は自縄自縛になることは避けられません。

 さて、先日、民主党と維新の党が次の通常国会で統一会派を結成することについて合意しました。政策については7つの基本政策について合意しています。会派とは、国会でともに活動する主体、場であり、党が異なっても会派を共にすることは可能です。民主党は現在、衆議院では「民主党・無所属クラブ」、参議院では「民主党・新緑風会」という会派に所属すると届け出ていますが、今後はこの名称も変わってくるのかもしれません。名称よりも政策が大事ですから、基本政策合意していれば、名称がどのようになるのかはあまりこだわらないところです。

☆ご案内☆
 今月は久しぶりにオープンミーティングを開催します。また年末には恒例となりました「望年会(ぼうねんかい)」を開催します。下記にご案内申し上げますので、皆様どうぞお気軽にご参加ください。

○西村ちなみオープンミーティング
 国政報告&意見交換会です。西村ちなみから冒頭30分ほどお話し、その後参加者の皆さんとじっくりと意見交換、質問にもとことんお答えします。お申込み不要、参加費無料。
12月12日(土)10:00~11:30 新潟ユニゾンプラザ

○望年会
 年末恒例の会合です。和やかに語らいながら、新しい年を展望しましょう。
12月29日(火)
15:00~第1部 講演会「大胆予測:TPP参加で新潟県の産業と雇用はこうなる」
講師 新潟青陵大学学長 諫山 正 先生、同准教授・地域貢献センター事務局長 齋藤 智 先生
16:00~第2部 懇親会 会費お一人5000円
事前にこのメールアドレスまでお申込みください。

 多くの皆様のお越しをお待ちしております。

 衆議院議員 西村ちなみ 拝